クラウドで従業員の健康を守り健康経営を支援する

従業員健診システム『メディクラ従業員健診』導入事例

大手ハウスメーカー

従業員健診をシステム化されたメリットを伺いました。

全従業員の健診割り当て業務が効率化。2週間の業務が、たった3分で完了!

弊社が従業員健康管理システムの導入を検討した際、いくつかのパッケージを比較しました。弊社の実施したい業務機能が組み込まれていること、さらに弊社の従業員規模に応じた価格帯であったことが決め手となりました。 また、特殊健診の実施にあたり、従業員の従事業務から自動的に特殊健診の項目を抽出する論理が弊社の考え方と合致していました。また、定期健診の検査結果判定から二次検査や就業制限を導き出すまでの考えかたも論理で好ましい手段と判断しました。さらに、導入担当スタッフが、業務内容・法令内容に実に熟知しており、こちら側の担当者より理解が深く、アドバイスを頂戴する程のスキルも決定要因の一つでした。

複雑な受診計画が一瞬で可能に、作業時間が大幅に改善

弊社では年齢・性別・雇用形態・従事業務などの条件により健診コースが6種類ほど規定されています。全従業員約900人を、限られた日程の時間帯に受診予定を割り振っていく作業に、およそ2週間ほどかかっていました。システム導入により、受診条件の判断と受診予定割り振りを、2~3分で出来るようになり、大幅な業務効率化に成功しました。また、未受診者ピックアップ、特殊業務従事者への特殊健診実施など、人力ではかなりの注意を払うところも、システムで自動化されました。

全社を通して、健康増進指針がルール化

各ロケーション(名古屋・東京・栃木・山梨・・)ごとに別々の健診機関で健診を受診し、それぞれの判定基準により、保健指導や産業医面談を実施してきました。システムが導入されたことで、統一された判定基準での管理・運用となり健康増進指針がルール化されたことは、従業員の健康管理の観点からも非常に意味のある成果だと感じています。就業制限の設定にも統一ルール化が適用され、ロケーション間での異動においても差がなくなり、非常に助かっています。

大手ハウスメーカー

導入システム:

従業員健診システム『メディクラ従業員健診』

業種 ハウスメーカー様
拠点 販売会社:全国20社
工場:全国3か所
設立年月日 2003年4月